アダラートはカルシウム拮抗薬という種類の高血圧治療薬で、有効成分ニフェジピンの働きで血管の収縮を抑えて脳や心臓・腎臓など全身の血管を拡張させることで血圧を効果的に下げることができます。
アダラートが属するカルシウム拮抗薬は優れた効果を発揮し、安全性も高いことから高血圧治療の第一選択薬とされています。
血糖や尿酸、脂質などに影響しないとされ、年齢にかかわらず広く用いられる薬で合併症の多い高齢者にも向く薬です。

高血圧の治療薬には幾つかの種類があり、どれも血圧を下げることを目的にしていますが効き目をあらわす仕組みが違っています。
アダラートが属するカルシウム拮抗薬の系統は、血管壁にあるカルシウム受容体にカルシウムが結合して流入すると血管が収縮して血液の流れが阻害され血圧が上がることに着目しました。
受容体をブロックすることでカルシウム流入を防ぎ効果的な降圧作用を実現しています。

アダラートの有効成分ニフェジピンは、カルシウム拮抗薬の中でも特に心臓に栄養を送るための血管である冠動脈への高い選択性を持つという特徴があります。
アダラートは当初、狭心症の治療薬として開発されただけに心臓の収縮を抑制して休ませる効能にも優れ、心臓に不安がある人の高血圧治療に適しています。
アダラートには錠剤やカプセルなど剤型の違いがあり、効き目のあらわれ方も微妙に異なるため症状や体質に合わせて最適な種類が処方されます。

剤型などの違いによってアダラートは作用時間も異なりますが、1日1回の服用で24時間効き目が続く持続タイプがあり、高血圧症治療薬で注意が必要な飲み忘れを防ぐことにも役立っています。
アダラートは深刻な副作用が起こりにくいとされますが、効き目が短時間タイプの場合、急激に血圧が低下することによる一過性の意識障害が生じることがあります。
血液障害や肝障害の副作用が出やすいとされ、服用後に何らかの異変を感じた場合はすぐに医師に相談することが重要です。

アダラートは安定した効果を持つ持続タイプの高血圧薬

アダラートは高血圧治療の第一選択薬であるカルシウム拮抗薬のグループに属し、血管を収縮させるカルシウムが受容体に結合するのを阻害して優れた降圧作用を発揮します。
アダラートの有効成分ニフェジピンは心臓に栄養を送る血管である冠動脈に対して特に高い選択性を有しており、心臓を休ませる効能も持つため元々は狭心症の治療薬として開発され、有効に役立てられています。

アダラートが属するカルシウム拮抗薬は血管の収縮を抑えるという直接的な作用で効果を発揮することから他の系統の高血圧治療薬よりも降圧作用に優れています。
アダラートの有効成分ニフェジピンはその中でも特に強く安定した効能を持つと言われています。
カルシウム拮抗薬は血管への働きかけに特化しているため他の部位に影響を及ぼしにくいこともあって副作用が比較的少なく安全性が高いのも高血圧以外に疾患を持つ人にとって大きな利点です。

狭心症の治療薬として開発されたアダラートは早急に血管を広げる必要がある狭心症発作への効果が高いため即効性があり、服用後素早く効き目をあらわす薬でした。
速やかに効果が出るものの持続タイプではなかったため、その後工夫が重ねられ1日を通して安定的に血圧をコントロールして効き目が長く副作用が起こりにくい剤型のアダラートが登場したのです。
そして優れた効能と安定した持続性を誇る高血圧治療薬になりました。

降圧剤の中では副作用の心配が少なめと言われるアダラートですが、用法用量を守って医師の指示通りに服用することはもちろん、飲み合わせに注意すべき薬が数多くあります。
特に利尿剤など他の降圧剤との併用には要注意で、他の病気の治療薬も医師や薬剤師に確認した上で慎重に服用することが大事です。
過度の血圧低下を引き起こす恐れがあるためグレープフルーツにも要注意です。