ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる新しいタイプの高血圧治療薬です。
主成分はテルミサルタンで、血管を収縮させて血圧を上昇させる物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えることで降圧し、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)に近い薬効を持ちます。
持続性があり、服用は1日1回で済むのも利点の一つです。剤型には20mg、40mg、80mgがあります。
成人の通常量は40mgを1日1回の服用ですが、最初は20mgから開始し、血圧の変化や副作用の有無を確認した上で漸次増量されます。
なお1日の最大服用量は80mgまでとされています。

副作用などの有無に関しては、定期的な血液検査でカリウム、肝機能、腎機能に関する異常の有無などを調べることが勧められています。
ミカルディスは全身状態により服用が適さない場合や服用に注意が必要な場合があります。
重い肝臓病の人、胆汁の分泌が著しく悪い人、ラジレスという降圧薬を服用中の糖尿病患者、妊婦などの方は服用できません。
腎動脈狭窄など虚血性腎臓病患者、高カリウム血症患者、重い腎臓病、肝臓病、脳卒中の既往がある人、透析患者、高齢などの場合には注意が必要です。

ただしミカルディスは処方薬、つまり医師の判断により処方される薬です。
したがって以上に関する判断は患者さんの全身状態を把握している医師により行われますので十分な説明を受けた上で服用すれば問題はないでしょう。
他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。
別の高血圧治療薬や利尿薬と飲み合わせると降圧作用が強く出すぎることがあります。

またラジレスとの併用では腎障害、高カリウム血症、低血圧などが現れやすくなります。
カリウム補給薬、カリウム保持性降圧利尿薬、ACE阻害薬、月経困難症治療薬との併用でも高カリウム血症を起こす可能性が高くなります。
解熱鎮痛薬との併用ではミカルディスの効果が弱まる可能性があります。
どのような薬でも相互作用などはありますので、薬局に行く際にはおくすり手帳など現在の処方内容がわかるものは必ず持参してください。

ミカルディスはACE阻害薬より副作用が少ない

ARBであるテルミサルタンは、従来から使わているACE阻害薬に近い効果を持つ薬ですが、ACE阻害薬の主な副作用である咳がほとんどなく、その他の副作用も比較的少なく安全に服用できるのが特徴です。
もちろん、少ないとはいえ他の薬と同様に副作用が全くないわけではありません。

国内の調査の結果、6.0%程度に何らかの副作用が生じるとされています。
まず軽いものとして、体のだるさ、めまい感、頭痛などはよくみられます。
これらの副作用は、徐々に慣れてくることも多いのでそれほど心配いりません。

他には吐き気や腹痛、味覚異常などの消化器症状が現れることがあります。
ひどい時や心配な時は早めに医師に相談すれば問題ないでしょう。
もともと腎臓が悪い人は飲み始めの時期に腎機能が悪化することもあり、高カリウム血症を併発することもありますので注意が必要です。
定期的な血液検査を指示されたら必ず受けてください。

重い副作用が生じる可能性はさらに少ないと言われています。
国内の調査では、多いものでも高カリウム血症、腎機能障害、肝機能障害が0.5%未満と言われており、他のものは0.1%未満、もしくは頻度不明です。
過度の血圧低下に伴う強いめまいやふらつき、吐き気や意識消失、ショック症状などが起こる場合があります。
高齢者や透析患者、また利尿薬の併用などでは注意が必要です。

ミカルディス特有の重い副作用としては重篤な血管浮腫があります。
顔、唇、舌や喉がひどく腫れ、飲み込みや呼吸が難しくなり、場合によっては手足にも腫れが出る場合があります。
重篤な副作用としては他に、急激な血圧低下や呼吸困難になるアナフィラキシー、尿がでなくなる急性腎不全、倦怠感や不整脈、けいれんなどが現れる高カリウム血症、黄疸や食欲不振、吐き気などを主症状とする重症肝障害、息苦しさやから咳が現れる間質性肺炎、筋力低下や歩行困難、血尿などを現す横紋筋融解症などが挙げられています。
血管浮腫や過度の血圧低下も含め起こることはまれですが、初期症状には十分注意してあやしい場合には早めに医師に相談してください。