メインメートは、高血圧症や狭心症・不整脈などのためお薬です。
β遮断薬という系統の薬となり、心拍数を上げる作用を持つβ受容体を遮断して心拍数が上がらないようにすることで血圧上昇を抑える効果を持つのです。
主成分はビソプロロールフマル酸塩です。
血圧を抑えることで心臓の負担も抑えてくれることで狭心症・頻脈・不整脈にも良い効果をもたらしてくれるメインメート、副作用もある医薬品のためドラッグストアや薬局では手に入りません。
医師の診察を受け、処方してもらいましょう。

メインメートには心拍数が上がるのを阻害する作用があるため、心臓への副作用をもたらすことがあります。
たとえば、脈が遅くなる不整脈の一種・徐脈です。
メインメートを服用してめまいや息切れが起こる場合は徐脈の可能性があるため、すぐに医師に相談しましょう。
ごくごく稀ですが、心不全や心房ブロック、倦怠感、めまいや頭痛、肝臓検査値の上昇といった症状が起こることもあるため注意しましょう。

メインメートは半減期が長いため持続性があります。1日に1回の服用で効果が続きます。
用量に関しては、年齢や症状により医師が判断して処方してくれるでしょう。
そのため、出された薬を用法用量を守って服用するようにしてください。
早く効果を得たいからと過剰摂取を繰り返していると、副作用の危険性は高くなってしまいます。

過度の低血圧の方や心臓・肝臓・腎臓に何らかの疾患がある方、妊娠中や授乳中の方、高齢者などは使用に注意が必要です。
併用が危険な薬などもあるため、持病や常備している薬がある方や妊娠の恐れがある方などは事前に医師に説明しておきましょう。

正しく使えば、心臓の拍動が正常化し、血圧も下がり、良い効果をもたらします。
血圧が下がることで脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わるような危険な病気を遠ざけることもできます。
メインテートは、呼吸器系の疾患がある方でも使うことのできる薬です。

メインメートは心臓の負担を和らげてくれる高血圧薬

メインメートは、心臓の負担を和らげるためのβ遮断薬です。
期外収縮・急性心筋梗塞における心室性不整脈の予防、心房細動・発作性頻脈の治療と予防、本態性高血圧症の治療などに効果があるものです。
メインメートを使うと必ず副作用が発生します。主な副作用は大きく分けて四つです。
その四つはどれも半減期に起こることが多いです。また、原因のほとんどはビソプロロールフマル酸塩の影響です。

一つ目は、アレルギーです。
この薬に対してアレルギーがある人は、発疹・かゆみなどのアレルギー症状が出ることがあります。
このような過敏症状が出たら直ちに薬の服用をやめ、早めに医師に相談してください。
手遅れになってしまう恐れがあります。

二つ目は、涙液が減少することです。
また、以下のような症状が出る場合もあります。

  • めまい・頭痛
  • 不眠
  • 胃腸障害(吐き気や嘔吐、食料不振など)
  • 眠気・うつ状態
  • 口内炎・のどの渇き
  • ほてり
  • だるさ・疲れ
  • 頻尿
  • 手足のしびれ
  • 気管支の痙攣
  • 目のかすみ
  • 脱毛
  • 脳貧血
  • 血糖値の低下
  • 総コレステロール値の低下

これらのような症状が起こったら、必ず速やかに担当医師にご相談してください。

三つめは、服用している薬の種類や量によって異なってきます。
低血圧や心不全・房室ブロックなどの循環器障害があらわれるようになります。
胸が苦しくなったり、血圧に異常が生じた場合はすぐに服用をやめ、すぐに担当の医師にご相談ください。

四つ目は、上にあげたもの以外の症状です。
上にあげた症状以外のものも副作用として現れる場合があります。
自分で気づきにくいような副作用もありますので、普段の生活で少しでも異変を感じたら定期的に診察や検査を受けるようにしてください。